エフェクチュエーション|自分の強みと経験を活かすための起業家論

なんとなく、仕事においては目的・ゴールを決めて、それに必要な材料を集めて進めていくという形が正解のように感じていました。しかし、必ずしもそれが正解でないことを知りました。


MBAの起業家論の科目で学んだエフェクチューエションという考え方。これがとても面白かったのでご紹介します。教科書の日本語版は上記です。

Causationは目的から出発する

ビジネスを起こすにあたって、CausationEffectuationという2つの考え方があります。Causationとは、まず目標を決めて、その時手元にあるリソースを基に、目標に達する道筋を決める考え方。トップダウン型です。

Effectuationは手段から出発する

一方、Effectuationは、手元にある利用可能な手段を出発点として、その時の流れで目標が生まれてくるという考え方で、ボトムアップ型です。この「手元にある利用可能な手段(Means)から出発する」ことを、Means Drivenといったりします。

Causationの考え方は、多くの人が自然ととっているスタイルだと思いますが、デメリットもあります。それは、目的やゴールがどんなに素晴らしくても、そこを固定してしまうと、必要な材料が揃わないので実現できないという状況が生まれてしまうことです。

例えば、AI技術を使って学生の勉強に役立つサービスをつくろう!という目的を設定しても、AI技術を使ってアプリケーションを開発する知識や人脈を持っていなければ、実現することはとてもハードルが高くなります。

一方で、エフェクチュエーション(Effectuation)は、「今手元にあるものを使って実現できるものを考える」というスタンスです。なので、自分やチームメンバーのこれまでのスキルや経験・人脈を最大限利用してできるビジネスを考えるので、いくつも選択肢が生まれ、かつそれは実現可能性が高くなります。もちろん、全員が特殊なスキルや経験を持っているとは限らないので、いきなり革新的なものは生まれないかもしれませんが、スピードは圧倒的に速くなります。

AirbnbもEffectuation

例えば、民泊で世の中を席巻しているAirbnbの創設者ジョー・ゲビアは、自分自身が偶然他人を自分の家のエアーベッドに泊めてあげた経験から、そのビジネスをスタートしています。最初からArbnbの構想があったわけではなく、自身のデザインの知見を活かして、他人同士が信頼関係をもつ仕組みをデザインすることで、このビジネスを成功させています。


個人がスモールビジネスを立ち上げて自由に生きる、というエピソードが描かれている「1万円起業」という本を以前読んだのですが、今思えばこの本の中で主張されていることも、エフェクチュエーションの考え方そのものでした。

自分のEffectuationを考えるフレームワーク

このEffectuationの思考回路でビジネスプランを立てるには、まず、自分は何を持っているのかを以下の観点で洗い出します。
Who I am(自分は誰か、どういうバックグラウンドを持っているか)
What I know(自分が知っているのは誰か、どんな人脈があるか)
Whom I know(自分は何を知っているか、どんな知識やスキルがあるか)

プランを評価する

複数のプランを洗い出したら、どれを実行するのが良い選択なのか、評価してみましょう。評価するには、以下のフレームワークが使えます。
Is it doable?(そのプランは技術的に実現可能か。)
Is it worth doing?(それを実現する価値はあるか。利益を生み出すのか。)
Can I do it?(それを実現するための知識やスキルはあるか。)
Do I want to do it?(それを実現する熱意はあるのか。)

まとめ

起業家論のEffectuationとは、自分の経験、スキル、人脈、好きなことを活かして、スモールスタートでビジネスをまずは始めてみること。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone