2年以上オンライン英会話を使っている僕が「先生の質」を気にしたほうが良いと思う理由

オンライン英会話(私の場合はレアジョブです)を使ってもう2年以上になります。オンライン英会話は、スピーキング力を上げるには本当に画期的なサービスで、自身もこれを使って、最低限ですが仕事でも英語でコミュニケーションをとれるようになりました。

長く使っているからこそ、オンライン英会話のデメリットも見えてきたのも事実です。特に、このサービスを使ってわかったのは、「先生の質」はある程度は気にしたほうがいいですよ、ということです。

「先生の質」なんてみんな同じ?

数ある英会話スクールや、オンライン英会話サービスは、口を揃えて「先生の質が良いです」と言います。

ですが、多くのユーザーにはその違いは、ちゃんと受講しないとわかりません。特に英会話をこれから始める人にとっては、「先生の質なんてどこも同じでしょ?」と思われる方も多いのではないでしょうか。ですが、これ、本当に違うのでよく考えたほうが良いです。

「質の高い先生」とは

先生の質として求められるのは
・生徒に話させるよう促せているか
・適度に訂正してくれるか
・生徒の理解度に合わせてくれるか
という3点です。ちなみにこれは最低限な要素としてですが。

まず、教えるスキルのない先生は、自分がベラベラ喋ります。英語の先生なので、英語を流暢に話せることなんて当たり前で、授業の時間に先生がベラベラしゃべってそれを聴いているだけなんて、リスニングのCDを聴いておけば十分なので、そんな先生に当たったら、二度と利用しないようにしましょう。教えるスキルのある先生は、生徒から言葉を引き出します。「わかりましたか?」「どう思いますか?」「なぜそう思うんですか?」と、生徒が話す時間を最大化してくれるのが「質の高い先生」です。

次に、教えるスキルのない先生は、訂正してくれません。ただテキストを進めるだけの先生なんて、オンライン英会話にはざらにいます。生徒の発言に対して「Good job!」と褒めてばかりいる先生は要注意です。そんな授業を受けていても、自分の発言が合っているのか間違っているのかわからないので上達できません。スキルのある先生は、生徒がやる気を損ねない程度に、生徒の発言を訂正してくれます。だから、スピーキング力を改善できるのです。

そして、教えるスキルの高い先生は、生徒の理解度に合わせて、英語だけでも上手くコミュニケーションがとれます。スカイプ英会話であれば、生徒がわからないといったワードを、英語だけでなく、ネット上の写真などを送ってくれたり、よりシンプルで簡単な単語や言い回しにして、教えてくれます。

上記は語学を教える立場の人間としてはとてもとても基本的なことですが、特にオンライン英会話の先生は、ただの大学生や主婦という人も多く、できていないことは往々にしてあります。

カフェ英会話の悲劇

蛇足ですが、カフェでの英会話レッスンとか、本当に使わないほうが良いです。お金と時間の無駄です。カフェ英会話は、日本に留学している外国人などに、カフェで英会話のレッスンをしてもらうサービスですが、実は自分も少しだけ使ったことがあるのです。

カナダ人の先生で、優しい人ではあったのですが、話すスピードが速く、何を言っているのかわからないことが多々ありました。きちんとトレーニングを受けている先生であれば、前述したように、ゆっくりわかりやすく言い直してくれたり、写真やイラストなどで教えてくれることもあります。でもその先生はもちろんそんなことしてくれません。

挙げ句の果てには、先生の言っている意味がわからなくて、「質問の意味がよくわからない」と言った時、「なんでわからないの?」とイラついた表情で言われました。

これにはカチンときて、お金を渡してすぐに帰り、二度とその先生のレッスンを受けることはありませんでした。「それを教えるのがお前の仕事だろ!!」と言いたかったですが、特に当時はそんなこと言える英語力もそもそもなかった…というなんとも悲しい出来事でした。

だからこそ先生の質は超大事

だからこそ、先生の質というのは超大事です。オンライン英会話は破格の安さですが、自分の貴重な時間とお金を投資するレッスンの時間を無駄にしては本末転倒です。

オンラインレッスンを利用するならビジネスコースなど、質の高い先生を選べるプランに変更するのは有効です。かくいう自分も、レアジョブのビジネス認定講師を選べるプランを利用していますが、通常の先生よりもかなり質は高いです。

そうでなくても、よかった先生をブックマークしておいて、その先生の授業を受けられる時間を予約するというのも手です。レアジョブでいうと、初心者マークをついている講師を選ぶと、丁寧に教えてくれることも多いです。

また、最初はオンラインではなく、英会話スクールに行って、きちんとトレーニングを受けた先生にレッスンを受けることも良いと思います。もちろん、レッスン料は安くはないので、たくさんレッスンをとるのは難しい方も多いかもしれませんが、スクールでのレッスンをペースメーカーとして、オンラインと併用するのも効率的だと思います。
英会話のレッスンの、先生はきちんと選びましょう、という話でした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone